アトピー性皮膚炎のかゆみナビ

子どもの場合、遊びに夢中になっていると?いていないのに、
勉強をしなさいといわれたり、しかられたりすると、
急に体をボリボリ?き始めることが少なくありません。

 

大きな子どもでも、受験が近くになると、
アトピー性皮膚炎が悪化することがあり、
めでたく合格すると急に症状が軽くなる人もいます。

 

このようなことから、嫌なことがあったり、
イライラしたりすることがあると痒くなる、
つまりストレスが痒みに関係していることが分かります。

 

思春期以降のアトピーは顔に出やすいので、
重症におなると、学校に行きたくなくなったり、
会社に行きたくなくなるなど、外にもでたくなくなります。

 

そうすると、そのこと自体が、大きなストレスになり、
イライラしてしまったり、投げやりになったり、
精神状態に大きく影響することがあります。

 

すると、ますます痒みが増し、悪循環となります。

 

このような場合は、
病院等でもただ薬を処方するだけでなく、
患者さん同士の励ましあえる場を作ったり、
精神的なケアをするなどが必要になってきます。