アトピー性皮膚炎のかゆみナビ

夏に悪化するアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎には、季節性があり、
特に乾燥し、静電気が起こりやすい冬場に悪化する人が多いです。
そして、温かくなり夏場になると、
肌が発汗によって潤い、潤ったことによって痒みが少なくなるため、
アトピー性皮膚炎の症状が軽くなります。

 

しかし、アトピー性皮膚炎は、
症状や痒みの強さ、悪化する要因は人それぞれで、
夏場に悪化する人もいます。

 

夏場に悪化する人は、汗を?くことによって痒みが増しています。

 

汗の内容物そのものが皮膚への刺激になったり、
同時型の蕁麻疹を引き起こすこともあります。

 

乾燥し、分厚くなった角層が、
汗の出口をふさいでしまい、痒みが増すこともあります。

 

さらに、夏場は細菌が繁殖しやすくなります。

 

痒みが強くなると、引っかいてしまい、傷を作ります。
そうしてバリア機能を失った肌には
さらに細菌が繁殖しやすくなり、細菌はさまざまな毒素を発生させるため、
さらに炎症が悪化し、強い痒みを伴うようになるのです。

 

また、夏場は、紫外線の影響で痒みが増す人も多く、
日光に当たるとアトピー性皮膚炎が急激に悪化するという人もいます。